Super Vee BladeRunner (ブレードランナー)

Super Vee BladeRunner (ブレードランナー)
 

前から気になっていたSuper VeeのBladeRunnerを買って
しまったのだ。個人的に試してみて、すごく良くてお勧め
出来るブリッジだったからTCTGPで扱えるようにしたぞ。

Fender Custom Shopみたいなロゴですね。
これセーフ?
又怪しいギアーを買ったんですか?

いや、怪しく無いって・・

このメーカーの主力製品は普通のストラトに無改造で
付けられるというロック式トレモロなんだろうけど・・

BladeRunnerは見た目は地味だけど世界のギター雑誌で
高い評価を得ている代物なのだ。死ぬほど音にこだわる
Eric Johnsonもここのトレモロの構造と音を絶賛していて
ツアーでも使っているという話だ。
自分が買ったのはこういう風に4個の取り付け穴が開いている
6 Screw Mountバージョン。ボディの6個の穴の4個を使って
固定する訳だな。穴が大きめに出来ているから6点止めブリッジ
が付いていたボディならばUSA, Mex,Japan, Korea, China, etc..
など大概のボディに改造無しで取り付けが可能だ。
Blade Runner Kit Six-Screw Mount

見た目はロック式のに比べるとおとなしいですね。
 

で、ユニークなのはその構造だ。
取り付け部分のプレート前部はボディに完全に固定して
ステンレス製のばね鋼(板バネ)で可動させている。
これは絶対に折れたりヘタったりしないというインダストリアル・
グレードの高級素材 との事だ。仕組みはこれを見れば一発で
わかる。

 

こういう構造だから、普通のトレモロのように使っているうちに
スタッドとの接点が磨り減ったりする心配も無いし、激しく
使って取り付けネジが持ち上がったとかボディの穴が
バカになったなんて問題も起こらないのだ。

あ、そー言えば友達のギター、ブリッジに付ける
ネジの部分が悲惨な状態になっちゃっていました。

うん、そういうのは安いバスウッドのギターで時々
見かけるんだけど、このトレモロならば例えボディが
少しくらいヤワくても大丈夫なのだ。
普通のトレモロみたいに「ネジの高さに0.3mmでも誤差が
あったらもう駄目だっ!」みたいな微妙すぎるセットアップが
不要だから素人でも割と簡単に「正しい」セッティングが
出せるのも良い。

え?普通のってそんなに難しいんですか?

まあ、はっきり言って6点止めトレモロのギターは
正しく調整されている方がめずらしいくらいだぞ。

Super-Veeはマウントの微妙なセットアップが無くなった分、
アクションはスムーズで正確だから、チューニングの狂いも
大分少なくなる。その改善っぷりは6点止めを2点止めに
変えた時かそれ以上かもしれない。

え?じゃあチューニング問題はこれにて解決と?

いやいやいや!それは甘い! チューニングが狂う原因は
ブリッジだけじゃないからな。ナットとか弦の巻き方に問題が
あったらそりゃー駄目よ。

トレモロブロックも面白い。普通ブティックメーカーならば
売るために無難な鉄がブラスにしておくものなのだが、ここは
色々な研究の末にSustaniumという材質を採用している。

さ、サス・・なんとか?
何ですか、それ?


メーカーに聞いてみた所、これはアルミ合金の一種だそうだ。
特に音響に優れているため教会のベルに使われる事が多い
そう。軽量で、しかも音が良くてサスティーンもあるという
理想的な材質との事なのだ。

 

教会の鐘だよ、キミぃー

うん
良かったですね
・・・・・・・

このブリッジで自分が気に入ったのはトレモロというよりは
むしろ音の変化の方なのだ。そうそういつもトレモロを
使ってる訳では無いしな。
おそらくこのマウントかトレモロブロックのせいだろうけど
音の輪郭がはっきりする。板バネが厚くてしっかりしているから
ブリッジの振動が相当量ボディに伝わっているはず。
でもハードテイルとはちょっと違うかな?

まあ、とにかくこのビデオを見てくれ。

はい、とりあえず見ました。
で、これが何か?

驚く所なんだよ!ここは!

普通ストラトからはこんなクリアーで芯がある音は
まず出せないぞ。
聴きゃわかるだろ?

あー・・、はい、それはもう
ビデオの要約としては;

*
レビューしているのはMichael Reese
1995にLA Music AwardsのBest Guitarist of the Yearに
ノミネートされたという目立たないけど実力のある職人さん。

デモで使っているのはノーマルのストラト+Bladerunnderを
アンプに直結。エフェクターは一切無し。ちなみにアンプは
限定バージョンのFender Hot Rod Deluxe Pythonだそう。

2:03
「low volume でサスがこんなにある。普通のトレモロのギター
ではまず無理」

2:40
「特にオーバードライブがすごい」
「トレモロユーザじゃなくても音質がすごく向上するよ」

って、この低音量でこのFeedback・・・いいなー。。

3:30
「こんなチャイムは前は無かった」
「ハイもローも良くなるね」

ここテレキャスみたいな音だな

5:50
「オリジナルのルックスをほとんど変えないから好き」

しかし、本当にテレに聞こえるな。
なんかこのアンプもセットで揃えたくなって来たぞ

「オリジナルのルックスを変えないから好き」に激しく同意。
さりげない「大人の改造」なのだ。
SRVをクリーンな音で弾いちゃおうか?

あー・・、うん、
いーんじゃないですか、はい。
素敵すぎて私も今すぐ欲しくなって来た・・・・のかな?
あ、でもクラシックギターには付かない?
気になる方はTCTGPへどうぞ。

笑顔で締めて!

 


雑誌レビューの抜粋

Vintage Guitar Magazine
(うるさいマニアご用達のVintage系に
強いUSAのメジャー雑誌
)

2005年にロック式トレモロでスタートしたSuper-Vee社の新モデルがBladeRunnerだ。見た目は普通のブリッジのようだが改造無しで貴重なVintage、Modernギターにインストールが可能。特に効果がある改善点はブロックとブレードテクノロジーだろう。ブロックは独自の素材が使用されており、軽量化をすると共によりサスティーンを得る事に成功している。アームのテンション調整も可能。クラッシックなトレモロで問題となる摩擦抵抗はブレード構造のため皆無になっている。テストは安いストラトで行ったのだが明らかにサスティーンが向上し響きが均整化した。コードも非常に豊かに鳴る。ハイ・エンドのストラトと比べてもBladeRunner付きの安いギターの方が音質的には勝っていた。BladeRunnerはVintageギター、Modernギター、ブティックギターのどれにも効果的なアップグレードとなるだろう。
Sound on Sound
(UKのレコーディング・マガジン)

プレート前部がボディに強く固定され後部の可動部とはブレードで接続されている。この構造は不必要な摩擦を発生する事無くブリッジ可動を可能にしている。ハイ・ポリッシュされたサドルも摩擦を減らしている。テスト機ではサスティーンが他のブリッジよりも多くなった。アームのテンション調整が可能というのも良い。
ボディへのインストールは2分で終了。実戦のセットを通してアンプから出る音は以前よりライブな音でサスも少し増えているのがわかる。使用感はFenderのに似ているが、不要な動きが無くなった。チューニングはとても安定している。ナットを磨いてLubeしたらもうこのアップグレードに大満足だ。より鳴る音、きしみ音も無く、そして安定したチューニングはレコーディングの時にも非常に有効だろう。
Share My Guitar
(USA Website)

ルシアーJeff LathropとMarc Caldwellがトレモロの問題を改善・解消するためにSuper-Veeロッキングトレモロを開発した。数年後、そのパテントのブレード・テクノロジーを使ってNonロッキング・バージョンとして登場したのがBladeRunnerだ。テストはそっくりな音のストラト二台を使って、一台にこのブリッジを搭載して比較した。BladeRunner付きのは明らかに判別出来るくらい音が明るくハッキリとしてチャイムが増える。ロングサスティーンも明らかだった。クリアーなアタックが速く、音がゆっくり減衰していく。トレモロはあらゆるアクションを試したが、ロック式以外でこんなにチューニングが安定しているブリッジは初めての経験だった。使用感も自然なのでプレーヤーと楽器との交流、意思疎通がより楽しく感じらるだろう。
Guitar World
(これもどこの本屋にも置いてある
USAのメジャー雑誌)

Super Vee社は現在ロック式トレモロとノン・ロッキングのBladeRunnerをラインナップしている。どちらもレスポンス、サスティーン、チューニングの安定性を向上する製品。回りの人が嫌がるくらい音にうるさい事で有名なエリック・ジョンソンもExperience Hendrixのツアーではほとんどこのブリッジだけを使用していた。普通のストラトのブリッジは取り付けネジにプレッシャーがかかり、使っているうちにネジが緩んで来たり、ボディの穴がルーズになったり、ブリッジ自体の穴がすり減ってしまうが、BladeRunnerはインダストリアルグレードのステンレススプリングSteel構造のため、トレモロを使っても摩擦ゼロでマウントスクリューにプレッシャーがかかる事も無い。

* パフォーマンス
音が大きくなり音のツブがハッキリとする。サスティーンは明らかにわかるほど改善され
ギターのダイナミクスのコントロールが相当量増した。チューニングは一時間いろいろと使っても
狂わなかった。

* 結論
もし6点止めストラトを持っていてそのギターの本当のポテンシャルを引き出したいのならば
Super-Vee BladeRunnerをインストールするのが良いでしょう

* 良い点
音量、音質、ダイナミクス、チューニングの改善。
ダイレクト・リプレースメント

* 悪い点
特に無し

Comments