トーマスハンフリーのミレニアム

トーマス ハンフリーのミレニアム ギター

トーマス ハンフリーのミレニアムとは、トーレスが1800年代中期に現在のクラシックギターの
デザインを確立して依頼、初めて多くの演奏家とルシアーに受け入れられた新しいデザインです。
このデザインを元にしてギターを造っているルシアーも多いです。

このギターの特徴は;

*
ギター表面版に少し角度を持たせていて極端に言えばハープみたいになっている。
どういう物理特性によるものかは不明だけど、宣伝文句によればこのために音量が
増しているそう。

*
表面版に角度が付いているので、結果としてネックのハイポジションの部分が
持ち上がっているためすごく弾きやすい
(下の写真でわかるかな?)
ネックの高音部を高くして弾きやすくするというのは今ではかなり多くのルシアーが
そのアイディアを取り入れていますが、最初にやったのはトーマスというのが
アメリカでは通説です。

*
指板にわずかにRが付いているのでコードを押さえた時の左手の負担が少ない

・・みたいな所です。
一時マーチンがトーマス ハンフリーの許可を得てミレニアム・スタイルの
クラシックギターを売ってましたね。マーチンのは楽器屋で試した事ありますが
やはり弾きやすさは別世界でした。
ただ当時のマーチンはクラシックギター造りのノウハウが少なかったのか
良い材が無かったのか、音的にはかなり厳しいものがありましたけどね。。
まあ、マーチンって普段から当たりハズレが大きいですからねー・・


Sharon Isbin

 

Comments