Alberta Khouryのセビリア

この子がすごい!


誰?

Alberta Khouryはオーストラリアの
女子高生16歳(2012年現在)だそうです。

え?オーストラリア?あそこには確か
コアラとかカンガルーみたいな有袋類しか
いないはずだが

哺乳類ヒト科だって生息しているんです。

オーストラリアと言うよりは、
なんかセニョリータっぽいな。

そんな国は無いはずです

これってかなりの難曲ですけど、
そんな事を感じさせないくらい
軽快に弾いていますね。

確かにフレーズのキレも良いしすごく
歌っている感じがするな。
親指のスタッカートが上手いせいか?
細かい装飾音もはっきり聴き取れるぞ。
こんな演奏は始めて聴きましたよ。
私的にはセゴビアやジョンウィリアムスのよりもずっと好きですね!
ふむ。ググってみると、2012年Parkening International Guitar Competitionに
最年少で出場して5位だったようだな。

えー?この子が5位ですか。
相当レベル高いんですね、
そのコンクールは。

それにしても将来期待出来る子ですね・・・
・・・って、今度は何を調べているんですか?

ふむ。
このビデオで弾いているのは
1989 Miguel Rodriguez。
70年代以前のと比べて深めの胴、
ロングスケール、以前の7から
ライトウェイトの5 Fanブレーシングに
なったなどの変更があったそう。
フラメンコ並みのレスポンスの良さがあって、
それでいて暖かくてロマンチックな
キャラクターも兼ね備えている楽器だそうだ。
ややこしいけどアメリカの楽器屋でよく見かける
量産Rodriguezは全然違う会社だぞ。
こっちの家系も100年以上の歴史が
あるんだが、経営が厳しくなって
量産戦略にシフトしたのだ。

また話が音楽よりも機材の方に・・・

Comments